<< アイアム灰 | main | 今日この殺(ごろ) >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.16 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


参加イベント+うちは雑記





カットが斜めっている。

夏コミ、スペースは頂けたのですが(東5 ポー32a)諸般の事情により
新刊は出せそうにないです。
夏コミ、実に3年ぶりの当選だと言うのにこの体たらく。
しかしながら現在、ナルサスの既刊が何もないので急遽去年の万有引力で
発行したR18本をちょっとだけ再版する事にしました。

あと、9月のナルサス幸楽

こちらもやっと申し込むだけ申し込んだのですが新刊出せてもコピー本です。
5月はうちは兄弟だったし去年の冬コミは再録だったしで1年ぶりになる
ナルサスの新刊だと言うのにこの体たらく。

今年の縁側圏はこんな調子でグダグダです。申し訳ない。
来年以降はもっと精力的に活動したい所存。
多分2013年一発目はカカサスだけど。(カカサスカカ師弟オンリ参加したいんで)


疾風伝は忍界大戦始まってから見るのを止めたのですが
ナルサス殺し愛EDを見る為だけに19時50分くらいにTV付けます。
ユニ●ロ特典DVD然り、戦闘ナルサス見てる時の自分この世の者とは思えんぐらい
気持ち悪い顔してる。
来月からEDだけ変わるんだっけ?どうせならOPの方を変えて欲しかった。
来月と言えばバイマイサイドやダイバーや真夜中のオケが収録されてる主題歌集が
出ますね。ノンクレジットDVD楽しみ。


※ ※ ※

イタチの事を考える事が多くなりました。
一族滅亡した当時まだイタチ13歳ぐらいだったんだよね…
年齢詐称も大概にせよと…あんな13歳いてたまるか。
思い出した。私、今でこそイタチ好きだけどNARUTOにハマったばかりの
当初イタチ嫌いだったんだよね。
厨二臭凄まじいイメージが強かったんだよ。ああ、こういう驕り高ぶったガキ現実でも
いそうだよなとも。
下睫毛あるしゴルゴ皺あるし大の大人に向かって「オレの器の大きさを知らぬから」とか
言うガキ嫌や…とか思ってましたよ笑
イタチ善人説否定派でもありました。懐かしい。
今はただその壮絶な生き様が重くて深くて悲しくて泣けてしょうがないんですが。
イタチは万能の神ではなく苦悩もするし後悔もするし泣いたりもするそういった人間臭さも
ちゃんと兼ね添えていて愛おしくなるのです。
誰も計り知らないところで一人泣き叫ぶ夜もあったんじゃないかな。
辛くてどうしようもなくて泣きながら赤さんのサスケをギューッと抱きしめたら
逆に泣かれてしまって我に返って奮い立たせたりとサスケの存在って幼い頃から
背負うものが多く陰鬱としたイタチにとっての唯一の光だったんだろうなー。
自分を偽りながら示唆した事とはいえあの夜、そんな最愛のサスケに初めて戦闘態勢を
取られた時の(「待て!」って追いかけられてクナイ投げられたとこね)振り返った去り際の
イタチのあの一筋の涙の意味とか考えると(しかも少し前に泣きながら両親を殺したその流れで)
泣けてしょうがない。ホント辛いあそこ。 ※ネタバレ箇所のみ反転してます
無言でも表情だけでイタチの計り知れない想いの深さを雄弁に語ってる秀逸な描写だよね…
岸本さん凄え。
サスケが何も知らない事が庇護欲を掻き立たせてそういった指針がある事が
少なくとも43巻の段階まではイタチにとって唯一救いともなったのかもしれないけど
今のサスケからすれば何も知らなかった事やそれ故に苦悩しているイタチを助ける事も
出来なかった当時の幼かった自分の無力さこそ忌々しくてたまらないんじゃないかな。
マダラ(仮)の口から真実が明かされてからは自分が幼かった故に必要とされなかったと
思い込んで助ける事も出来なかった信じてやる事も出来なかった当時の無力な自分を呪っては
猛烈な自責の念に駆られて眠れない夜もあったかもしれない。
それでも兄さんの力になりたかった、どうしてオレを一緒に連れて行ってくれなかったんだ、
それが叶わないならせめてあの夜に殺して欲しかったとか気が狂う程葛藤して
自我の破壊的衝動に駆られたかもしれない。
本当はサスケにとって何より憎悪の対象なのは他ならぬ自分自身であって木の葉への復讐は
自己保身からくる発露かもなあ。無論それだけじゃないけど。
そんな自責の念を抱えてるであろうサスケがイタチに「オレの事をずっと許さなくていい」なんて
言われてどう反応するのか…色々考えて脳味噌弾け飛びそうです。
来週のWJ読んだ後、人の形を留めてられるか分からん。

うちは兄弟が愛おし過ぎて発狂しそうだわ。








スポンサーサイト

  • 2013.04.16 Tuesday
  • -
  • 00:07
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック