<< 相変わらずユルユルな木の葉セキュリティー(WJ) | main | 重吾昇給 水月減棒(WJ) >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.16 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


忍の神貫禄ねェーーーー(WJ)


続きよりWJ感想









忍の神貫禄ねええええええ
初代ってこういうキャラだったのか笑 なんかイメージ覆されたわ
「ぬ!?」とか「誰ぞ!?」とか口調がいちいちウザ可愛い
綱手を甘やかしすぎたとか孫バカだったんだろうなあこの人。
二代目には有無言わせず「黙れ」と制されるわ忍の神としても兄者としても
威厳がミジンコ並に小さすぎる
初代と二代目は足して二で割るとちょうどバランスいいのかもしれないね。
二代目格好良いス。穢土転生ってそうか二代目が考案した術でしたけ。
初代、三、四が同カテゴリーなイメージで(人情的穏健派)二代目は合理的現実主義者かな。
二代目は二代目で当時の情勢を見据えつつ里長の立場としての職務を全うしただけで
その政策が一概に誤りだったとは思えないな。 うちはの集落を里の隅に追いやる手段は
排他的だけどマダラの件があったしかつての因果関係もある上造反勢力も存在してた事を
踏まえると警戒せざるを得ないってのは理解出来る。
うちはからすれば納得いかないだろうけど。
つまりこれは里側とうちは側と立場によって視点が変わってくるものでどちらが正しいか
間違えてるか善か悪かという問題ではないんだな。
マダラが諸悪の権化って事だけははっきりしてる。 




でも多分初代はマダラ好きだと思うよ。(マダラが初代に何かと執着してるのは周知だけど)
初代はきっと千手とうちはの真の意味での和解を願ってたんだろうなあ。
死に際に「うちはを責めるな」って念を押してたんじゃないかな。

そして二代目に何言われても(╬⓪⓪) ゴルァァ?!!とならずにグッと抑えてた
サスケの成長に感慨深く…「純粋でもなければ子供でもない」には「www」となったが。
つか歴代火影を前に相変わらず傲岸不遜なサスケ様。
そんなサスケが周囲の大人達から子供扱いされるのがたまらない。

サスケはトビ(=オビト)やダンゾウ、更にはイタチ本人からも話を聞いてそこで
真実を確信してるにも拘らずそれでも更に念を押して三代目からも聞き出すと言う
周到さ。 三代目の口から改めて、というのに意味があるのか。
ああ、サスケが三代目から聞きたかったのはあまり自分の事は多くを語らなかった
兄についてか。
三代目はイタチにサスケを守るよう懇願されつつそれを全うしないまま世を去ってしまった
事に関して何か思う事はないんだろうか。
それはそうとイタ…ッ イタ、イタチチチチチどこまで聡明な子供だったんだ(知ってるけど)
あー改めてイタチって聡明ゆえに利用されてそれを自覚しつつ全て背負ってたんだと
思うと、そしてその苦悩や悲しみをイタチが死んでから知るサスケを思うと…
てか、サスケは未だイタチは自分が殺したと思ってるのか…実際には勝負に負けて
試合に勝った流れなのに それとも敢えてそういう認識にする事で自らに罪を課してるんだろうか…
そこにはサスケにしか分からない複雑な機微があるのかとかなんとか。






うちはほど愛情に深い一族はない
(二代目談)

?!!

千手をも超える愛の力に目覚めるとか言っててここ笑うところだろうかとも
思いましたがあーああ〜確かにそういう傾向あるわうちはの人間。
強すぎる愛情が暴走するってのがまさに今のサスケやマダラやオビトに該当するもんね。
サスケって繊細だしね。繊細だからこそ負の感情に支配されやすい。
マダラの暴走の起因がイズナ喪失だとするとうちは兄弟とは逆のパターンになる訳か。
でももしイタチが先にサスケを失ってたら暴走しかねなかったって事でこの兄弟どんだけ
相思相愛なのか。
サスケが写輪眼を初めて開眼したのってうちは滅亡の夜だったのであれがまず
第一の”愛する者=家族と一族の喪失”って事かな。
そしてイタチを失った時万華鏡写輪眼を開眼した流れを見てもその時期からの
サスケの破滅ぶりがイタチへの狂おしい程の愛情故の暴走だってのは言わずもがなで
(木の葉への復讐心は変わらずとも今は精神面が落ち着いてきた印象あるけど)
そういえば以前ナルトがサスケの事を「愛情が深けえ奴だから」とか言ってた時
愛は盲目だなとも思いましたがナルトはサスケの本質を見抜いてたんだな〜…
そんなサスケだと知ってたからこそどんなに闇堕ちしても「オレとお前が逆だったかもしれない」
などと同化意識してしまうほどナルトはサスケが愛おしくてたまらないんだろうな〜。
そしてうちは一族じゃなくともナルトも愛故の狂気化の可能性充分秘めてると思うんだ。
そして「アイツの中にも…」(byナルト)とサスケの中に入ってる何かってのを私なりに考えてて
てっきり九尾の陰チャクラかと思ってた(四代目が屍鬼封尽したのをマダラかオビトあたりが
何らかの手段で持ち出して赤ん坊のサスケに封印してたとか)(でもそれだとイタチが
気付いてなんとかしてそうだなとも)んだけど、実は”並々ならぬ純真無垢な愛情”とかなんとか
だったら笑い死ぬ それでもいいと思いますカッコワライ



いや〜サスケは今後破壊の限りを尽くして瓦礫の上に君臨する覇者になるかと思いきや
一転して愛と創造の女神になるやもしれんよ。
ビーナスか  ビーナスなのかサスケ 
※ビーナスは美と恋の女神

恋はともかく美の女神なのに変わりはない。


しかしなんというかこの流れ、すったもんだの末、愛の力が世界を救う的な流れに
なりそうでそれもどうよと思う。
NARUTOはどこへ向かおうとしてるんだ…

そういや今回、四代目は先代を立ててか控え目でしたが初代に「貴様は誰ぞ?!」
言われてわざわざ後ろ向きになって背番号4を見せながら「四代目火影です」と
言ってるポーズが面白かった。
ずっとサスケ(うちは)を擁護してる大蛇丸様…そういえば初代がガハハハ笑いしてる時
なにげに汗かいてた大蛇丸様に和んだ。

来週も楽しみです。フー。





























はい。そういう訳です。



サスケってこういう顔するんだな。
と、胸が熱くなった次第です。

サスケの未来に幸運を。


スポンサーサイト

  • 2013.04.16 Tuesday
  • -
  • 15:52
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック